投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


映画「靖国」上映会

 投稿者:住職メール  投稿日:2008年10月 2日(木)14時51分17秒
  話題の映画「靖国」を、越谷・草加・三の市民有志が自主上映します。

日時:11月15日(土) 開場:午後6時30分 上映開始:午後6時45分

会場:越谷市中央市民会館 劇場

上映協力券:前売り1000円、当日1300円

主催:映画「靖国」を観る会

mail:ya.sukuni@hotmail.co.jp

http://koshigayayasukuni.web.fc2.com/

 

映画「靖国」上映会

 投稿者:住職メール  投稿日:2008年 9月18日(木)17時18分24秒
  話題の映画「靖国」を市民の手で自主上映を埼玉県越谷市で行います。

お近くの皆様にも是非ともご覧いただきたくご案内申しあげます。

日時:11月15日(土)開場:午後6時30分 上映開始:午後6時45分

会場:越谷市中央市民会館 劇場

上映協力券:前売り1000円 当日1300円

主催:映画「靖国」を観る会

MAIL:ya.sukuni@hotmail.co.jp

http://koshigayayasukuni.web.fc2.com/

 

海南友子 関連のお知らせ

 投稿者:you  投稿日:2005年10月31日(月)22時29分48秒
  ■□■□■ ━━━海南友子 関連のお知らせ ━━━━━━★
□■□■
■□■     「にがい涙の大地から」の上映のおしらせ
□■         と  大久野島 スタディーツアーのお知らせ
■  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 ドキュメンタリー「にがい涙の大地から」は多くの皆様に支えていただき、
 毎週どこかで上映会が続いております。また、中国全土での放送も続いておりま
す。
 現在、東京のミニシアターで上映中です。すでにご覧いただいたお客様も是非、お
知り合いにご紹介いただければ幸甚です。よろしくおねがいします。

   ■「にがい涙の大地から」(海南友子監督 2004年 87分)
      台湾ドキュメンタリー映画祭正式出品
      平和・協働ジャーナリスト基金奨励賞
      アースビジョン地球環境映像祭正式出品
      黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞受賞

   <あらすじ>戦争中に日本軍が残してきた化学兵器などが原因で
    沢山の若い人が傷つけられている現実を追った作品。
    30代の女性監督が訪れた中国で、27歳の女性の被害者に
    出会ったことで生まれた作品。日中関係の大きな背景の一つ。
    かつての戦争の置き土産で、平和な時代に傷つけられ、
    殺される人々。彼らの声に耳を傾けてください。
    詳細は www.kanatomoko.jp

◎◎●━━━━━━
◎●   東京 ミニシアター上映 アップリンクファクトリー
●        10月24日~31日
     ━━━━━━━━━━━━━━━★

・10月24日(月) 14:00~
・10月27日(木) 14:00~
・10月28日(木) 14:00~
・10月29日(土) 11:30~
・10月30日(日) 11:30~

■会場 アップリンクファクトリー
 (〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
TEL. 03-6825-5502  http://www.uplink.co.jp/factory/

◎◎●━━━━━━
◎●  その他の 各地での上映予定
●    ━━━━━━━━━━━━━━━★

■ 「にがい涙の大地から」上映予定

・10月29日(土) 千葉
・10月29日(土) 愛知
・11月1/2日   京都
・11月19・20日 宮崎
・11月20日(日) 東京
・11月10~23日 宇都宮
・11月26日    愛知
・11月27日(日) 神奈川
・12月2日(金)  東京
・12月5日(月)  兵庫
・12月7日(水)  徳島
・12月8日(木)  川崎
・12月10日(土) 広島
・12月11日(日) 広島
・12月12・13日 東京
・12月17日(土) 富山


■ 「マルディエム彼女の人生に起きたこと」上映予定

・11月18/19日山梨
・11月27日(日) 神奈川

■上映の詳細やその他のスケジュールはこちらでご確認下さい。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/kanatomoko/page010.html


■■■・・*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*■
■■  日本の過去といまを知る
■        広島市内 と 大久野島 スタディツアー のお知らせ
       *・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*■

 この度、「日本の過去といまを考える 広島市内と 大久野島ツアー」を企画いた
しました。
 広島県の大久野島は、瀬戸内海に浮かぶ島ですが、かつて旧日本軍が秘密裏に化学
兵器の製造を行っていた島で、現在も島内に当時の面影をしのばせる関連施設が残っ
ています。島内には毒ガス島資料館もあり、小さいですが被害と加害をみつめること
のできる貴重な施設です。当時、工場で働かされていて戦後は毒ガスの後遺症に苦し
められてきた元工員の貴重な証言も聞く予定にしております。また、広島市内の原爆
資料館と平和祈念公園にも行く予定です。大久野島のある竹原市には、“安芸の小京
都”と呼ばれる古い町並みの地域も残っています。皆様の参加を心よりお待ち申し上
げます。


期日:  12月10日(土)~12月11日(日)

費用:   Aコース 東京発着(飛行機利用) 45800円

               <学生 割り引き 40000円>

       Bコース 現地参加            22000円

               <学生 割り引き 18000円>

★注:食事代は含まれません。 最少催行人員 15人  最大定員 50名
★広島で延泊希望の方、日曜日だけの日帰りなどをご希望の方は、別料金で対応でき
る可能性があります。早めに御相談ください。



<基本日程> ★ 基本日程はあくまでも予定です。

■12月10日(土)

8:35分発         Aコース  ANA673 羽田発

10:05分         広島到着後、バスで移動

11:00ごろ        Bコース 現地参加組と 広島で 合流

13:00~            原爆資料館、平和公園、原爆ドームなど見学

                    ※希望が多ければ被爆者の方の証言を伺
うか

                      海軍の関連施設を見学予定

広島市内宿泊

■12月11日(日)

早朝             宿泊 ホテル発

9:00~          大久野島にて 島内見学

                    毒ガス資料館、貯蔵庫跡、慰霊碑、発電
所など

午後                 元  毒ガス工場の関係者の方の証言

夕方              時間があれば 竹原市内見学 (小京都)

19:45発          Aコース  広島空港発   羽田到着 21:
00ごろ

                    ※Bコース 現地参加組は広島空港か
広島駅 で解散





お申し込みの際には、必要事項を書き込んで ①FAX(03-3350-232
8) するか

② 160-0004新宿区四谷1-18オオノヤビル6階 海南 友子オフィスまで郵送
して下さい。



この件に関するお問い合わせ先・・・・海南友子オフィス 担当・松下 (03-3
357-5140) まで

申し込み締め切りは 11月15日(火)です。 その後11月24日までにお振込みい
ただきます。



★ メールでの申し込みはお受けしておりません。FAXか郵送でお申し込み下さ
い。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スタディーツアー・・・・・・・
お申し込み・・・・フォーム・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・



お名前                        ふりがな




コース    ◎Aコース(\45,800)  ◎A学割(\40,000)  ◎Bコース(\22
,000)  ◎B学割(\18,000)



ご住所




電話番号                     FAX
          その他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・お申し込み・・・・フォーム・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・


****海南友子オフィス楽園****03-3357-5140*****
    www.kanatomoko.jp
 ◎新作著書!『ドキュメンタリーの力』(共著・子どもの未来社)
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
 ◇遺棄兵器って何?   www.peace-justice.jp/ja/
************************************************
 

11月5日に“ザ・裁判”-教育の自由を求めてー

 投稿者:you  投稿日:2005年10月31日(月)22時26分43秒
  ★ 学校に自由の風を!ネットワークのお知らせ ☆

    注目してみよう!
 今、教育裁判がおもしろい!
 カルト集団・都教委の意のままにさせるわけにはいかない。
 教育の自由を求めて~闘っている人たちがいる。

  教育の自由とは何か・・・考えてみましょう。

今回のテーマは

        “ザ・裁判”-教育の自由を求めてー

とき●11月5日(土)1:30~4:30

ところ●ラポール日教済
                            地下鉄有楽町線(江戸川橋駅)2番出口より徒歩6分
            地下鉄東西線(神楽坂駅)矢来町方面出口より徒歩5分
    地図はこちら↓
    http://www.its-mo.com/m.htm?E=uHjvLaSHOja


    お話★加藤文也さん
                (日の丸・君が代強制反対裁判弁護団)
     ★崔 善 愛(チェソンエ)さん
                  (指紋押捺裁判を闘ったピアニスト)

     ☆パネルディスカッション
           ・「日の丸・君が代」裁判原告<中学校教員・高校教員>
           ・七生養護ここから裁判<養護学校教員
           ・弁護士
         コーディネーター★保護者<自由の風 事務局>

      ☆都立戸山高校保護者による朗読劇も予定してます。

  資料代500円


↓自由の風HPからチラシもダウンロードできます。(wordファイル)
*************************************************
自由の風ネットワーク http://comcom.jca.apc.org/freedom/
             Email : jiyuunokaze@@yahoo.co.jp
             または  jiyuno-kaze@@jcom.home.ne.jp
      ※アドレスは@マークをひとつ消してメールしてください。
*************************************************
 

掲示板とブログのおしらせ

 投稿者:反戦・反ファシズム・日本国憲法  投稿日:2005年10月15日(土)21時08分32秒
  どうも、みなさまお疲れ様です。
管理人さま、この掲示が不適切であれば、削除されてかまいませんが、ひとこと、アピールさせていただけないでしょうか?

わたしは、反戦・反ファシズム・日本国憲法連合掲示板というBBSを主催しているものです。この掲示板は、戦争と戦争翼賛・右翼・ファシズムに反対する人すべての、民衆に開かれた掲示板です。ぜひみなさんも、ここで、書き込みをしてくれれば、私のほうもとても勉強になると同時に、反戦運動のこやしになると思います。また、戦争に反対するひとびとのおおきな、交流のささやかな、拠点になればと思っています。どうか、よろしくおねがいします。
掲示板 http://8918.teacup.com/tanaka/bbs
ブログ http://navy.ap.teacup.com/union/

http://navy.ap.teacup.com/union/

 

10・15平権懇連続集会第5回のお知らせ

 投稿者:you  投稿日:2005年10月13日(木)18時34分9秒
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10・15 ひろがる監視社会――「安全・安心まちづくり」とは何か
──────────────────────────────────────
●主催・平和に生きる権利の確立をめざす懇談会(平権懇)

2006年改憲への流れにNO! をいまこそ「平和に生きる権利」を高く掲げよう
連続集会

第5回 10月15日(土)午後2時~4時
    大阪経済法科大学 東京麻布台セミナーハウス
    地図 http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
    会費 500円

ひろがる監視社会――「安全・安心まちづくり」とは何か

清水 雅彦(明治大学講師・憲法学)

――「東京都安全・安心まちづくりについての報告書」は、警察と暴力団・特定業界
との癒着問題、相次ぐ不祥事による市民の信頼低下と警察の士気の低下には目をつぶ
り、治安の回復の責任を国民に転嫁している。
――「生活安全条例」とは、警察主導により警察の市民社会への介入と市民の相互監
視により治安強化を図るために出てきた条例である。
――私たち市民がマナーを守れず、自律的な「強い市民」たりえなかったことにより、
新たな法を根拠に権力の介入に道を開いてしまった現実を深刻に受け止めるべきであ
る。

<主催>
平和に生きる権利の確立をめざす懇談会(平権懇)
http://comcom.jca.apc.org/heikenkon/
後援・日本出版労働組合連合会 平和共闘委員会
 

10月17日に共謀罪に反対する集会

 投稿者:you  投稿日:2005年10月 9日(日)18時51分38秒
  ┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
         話し合うことが罪になる!!
             10.17
         共謀罪の新設に反対する
          市民と議員の集い
┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

─────────────と き─────────────
         10月17日(月) 13:00から

─────────────ところ─────────────
       衆議院第2議員会館第1会議室
    東京メトロ国会議事堂前駅1分、永田町駅3分

─────────────発 言─────────────
     市民団体、国会議員、表現者、法律家など

─────────────主 催─────────────
移住労働者と連帯する全国ネットワーク/共謀罪に反対する市民の
集い実行委員会/原子力資料情報室/子どもと教科書全国ネット21
/「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク/盗聴法(組対法)に
反対する市民連絡会/盗聴法(組織的犯罪対策立法)に反対する神
奈川市民の会/日本キリスト教団神奈川教区国家秘密法反対特別委
員会/日本消費者連盟/ネットワーク反監視プロジェクト/反差別
国際運動日本委員会/反住基ネット連絡会/ピースサイクル神奈川
ネットワーク/ピープルズ・プラン研究所/ふぇみん婦人民主クラ
ブ/平和を実現するキリスト者ネット/許すな!憲法改悪・市民連
絡会

─────────────連絡先─────────────
      共謀罪に反対する市民の集い実行委員会
       日本消費者連盟 TEL 03-5155-4765
      JCA-NET(広報室)TEL 070-5580-0563
     ネットワーク反監視プロジェクト(小倉)
          TEL 070-5553-5495
        info@tochoho.jca.apc.org

 みなさん!
 政府は、10月4日、共謀罪新設法案を閣議決定し、衆議院に送
りました。共謀罪は市民、国会議員などのなどの強い反対の声の前
に二度も廃案になった問題法案です。政府・法務省はこの問題法案
をたった一ヶ月の国会審議で成立させようとしています。数の力を
背景に横暴の限りをつくそうそしている小泉政権の国会運営を絶対
に許してはなりません。法律に違反する行為を話し合うことが罪に
なる共謀罪は言論・表現の自由を侵害する違憲の悪法です。共謀罪
の新設法案に反対し、廃案に追い込みましょう。
 共謀罪の新設に反対する市民と議員の集いを開きます。ぜひ、ご
参加ください。

       ↓「共謀罪」ってなに?という方↓
      http://tochoho.jca.apc.org/nkyz.html

------------------------------------------------------------
↓↓↓↓こちらの市民団体共同声明への賛同も募集中!!↓↓↓↓

━━━━━━━━━話し合うことが罪になる━━━━━━━━━━
━━━━━共謀罪の新設に反対する市民団体共同声明━━━━━━

■呼びかけ団体 (50音順)
移住労働者と連帯する全国ネットワーク
共謀罪に反対する市民の集い実行委員会
原子力資料情報室
子どもと教科書全国ネット21
「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク
盗聴法(組対法)に反対する市民連絡会
盗聴法(組織的犯罪対策立法)に反対する神奈川市民の会
日本キリスト教団神奈川教区国家秘密法反対特別委員会
日本消費者連盟
ネットワーク反監視プロジェクト
反差別国際運動日本委員会
反住基ネット連絡会
ピースサイクル神奈川ネットワーク
ピープルズ・プラン研究所
ふぇみん婦人民主クラブ
平和を実現するキリスト者ネット
許すな!憲法改悪・市民連絡会

───────────────二度も廃案になった共謀罪の新設
 話し合うことが罪になる共謀罪新設法案は、2003年の通常国
会にはじめて提出されましたが、衆議院の解散のために廃案となり
ました。その後再び国会に提出されましたが、これも3会期にわたっ
て継続審議となり、2005年の通常国会でようやく審議入りしま
した。しかし、国会議員、市民、法律家団体などの強い反対の声の
前に審議は進まず、衆議院の解散により再度廃案となりました。
 この経過のなかに、共謀罪新設法案がいかに問題法案であるか
が示されていると言うことができるでしょう。にも関わらず、政府
・法務省は、共謀罪の新設をあきらめていません。

─────────内心、言論・表現の自由を侵害する違憲の法案
 共謀罪は、法律違反について行おうと話し合い、「合意」しただ
けで、その準備さえ始めなくとも処罰されるというものです。
 対象となる法律違反は、殺人、誘拐などの重大犯罪のみでなく、
万引きを含む窃盗罪、消費税法から道交法、水道法、公職選挙法ま
で実に広範で、約620種類にものぼり、市民生活のすみずみにま
で関わります。
 日常生活の中で法律に触れることを考えたり話し合ったりするこ
とはあるものです。しかし、話しあい、合意することと、実際に行
動することは全く別のことです。共謀罪は、憲法の保障する内心、
言論・表現の自由を侵す違憲の法律です。

────────────────全ての団体を対象にした取締法
 政府・法務省は、共謀罪は組織的な犯罪集団を対象とするものと
していますが、法案では対象団体を限定しておらず、市民団体、労
働団体など全ての団体が対象となっています。日本の判例では2人
以上集まれば団体とされます。共謀罪は結社の自由を押しつぶす全
ての団体の取締法です。

──────犯罪の実行を処罰する刑法の原則を踏みにじる共謀罪
 日本の刑法は犯罪が実際に行われ、被害が生じたときにはじめて
その犯罪行為を処罰することを原則としています。共謀罪は、この
日本の刑法体系を根本からくつがえし、これまでには考えられなかっ
た、話し合っただけという段階で処罰されることになります。そう
なると、誰でも処罰される恐れがあります。

──────────────自由・人権・民主主義を守るために
  共謀罪の対象は、話し合うことの内容です。犯罪が生じていな
いのに共謀を立証するためには、室内盗聴をはじめ盗聴法の適用が
拡大されることは必至です。警察の権限が拡大し、対象団体へのス
パイの潜入や密告の奨励など市民相互の信頼が失われ、厳しい監視
社会となって行きます。自由に考え議論したり、まして政策批判を
することもできなくなってしまうと私たちは危惧します。共謀罪の
新設は、自由と人権と民主主義の死をもたらすでしょう。

 私たちは、話し合うことを処罰する共謀罪の新設を絶対に許すこ
とはできません。政府・法務省が共謀罪の立法化を断念することを
強く求めます。

------------------------------
       ↓↓現在の賛同団体はこちら↓↓
  http://tochoho.jca.apc.org/ut/kss0915.html#dantai
------------------------------

                    ★賛同のお願い★
上記の声明にご賛同いただける団体は、下記を新規メールにコピー
して、必要事項を記入の上、info@tochoho.jca.apc.org までお送
り下さい。

★集約・問い合わせ先や活用の方法、情報の取り扱いについては、
末尾をご覧ください。

-----------------------------------------------------------
■共謀罪の新設に反対する市民団体共同声明に賛同します

◇団体名
◇住所
◇電話番号
◇FAX番号
◇メールアドレス
※団体名以外は公表いたしません
-----------------------------------------------------------

────集約先及び事務局──────────────────
盗聴法に反対する市民連絡会
〒162-0042 新宿区早稲田町75日研ビル2F日本消費者連盟気付
TEL 03-5155-4765  / FAX 03-5155-4767
info@tochoho.jca.apc.org  / http://tochoho.jca.apc.org/

────賛同締切──────────────────────
第1次:2005年9月30日  第2次:2005年10月15日
共謀罪新設法案の国会提出が断念されるか、廃案か成立が決まるま
で継続します。

────活用方法──────────────────────
市民団体共同声明は、呼びかけ団体・賛同団体一覧としてマスコミ、
国会などで広く公表します。また、ウェブサイト
http://tochoho.jca.apc.org/ で公表します。

------------------------------
【市民団体共同声明賛同団体の情報の取り扱いについて】

【利用目的】
○共謀罪に反対する市民の集い実行委員会、または盗聴法(組対法)
に反対する市民連絡会の主催で行われる集会等のご案内の送付・送
信と、それに関わる連絡業務
○盗聴法(組対法)に反対する市民連絡会発行の通信の送付と、そ
れに関わる連絡業務
○盗聴法(組対法)に反対する市民連絡会へのカンパ・寄付等のお
願いの送付と、それに関わる連絡業務
【第三者提供】
この賛同用紙に記入された個人情報を、業務の委託先を除いて、共
謀罪に反対する市民の集い実行委員会または盗聴法(組対法)に反
対する市民連絡会以外の第三者に提供することは一切ございません。
【委託】
盗聴法(組対法)に反対する市民連絡会では、個人情報の取り扱い
を日本消費者連盟に委託しています。
【管理責任者】
盗聴法(組対法)に反対する市民連絡会
担当 吉村英二(日本消費者連盟事務局員)
連絡先 〒162-0042 東京都新宿区早稲田町75日研ビル2F日本消費
者連盟気付
電話03-5155-4765 FAX03-5155-4767 nishoren@jca.apc.org
【開示・利用停止】
開示・利用停止のお申し出は、お手数ですが上記までお願い致します。
 

9月19日に東京都練馬区大泉9条の会の集い

 投稿者:you  投稿日:2005年 9月17日(土)20時58分21秒
  ■9・19 二人の文学者がいま、ここ大泉で語り合う憲法9条

●主催 平和を育てる大泉9条の会

 あの賢治や漱石を語るように、9条のことも話せたら・・・
 高橋源一郎さん、小森 陽一さんとともに

<日 時>2005年9月19日(月曜日、敬老の日)
  開場;午後6時 開演;午後6時30分~9時まで
<会 場>勤労福祉会館 集会室(大泉学園駅 南口徒歩5分)
<参加費>入場無料

・高橋源一郎さん(作家・明治学院大教授)
 1981年『さようなら、ギャングたち』でデビュー。88年『優雅で感傷的な日本野球』(三島由紀夫賞)『日本文学盛衰史』(伊藤整賞)。競馬評論家、野球評論家。

・小森 陽一さん(文芸評論家・東大教授)
 日本近代文学研究家。03年『天皇の玉音放送』04年『表現する人々』など著作多数。(全国)「九条の会」事務局長をつとめる。

 司会 大泉9条の会 代表 原 朗

<主 催>  平和を育てる大泉9条の会
<連絡先>  oizumi9@jcom.home.ne.jp
 

9月18日に二つの証言集会

 投稿者:you  投稿日:2005年 9月17日(土)20時54分47秒
  元皇軍兵士が語る集会を二つ紹介します。

■9・18 戦後60年企画、「戦場の加害と抵抗」

●元軍人4団体共催集会

日時:9月18日(日)13時開場  参加費500円
場所:高井戸区民センター(京王井の頭線高井戸駅3分)

 かつて日中戦争の最前線で「銃を捨て戦争をやめろ」と日本兵に呼びかけた日本人たちがいた――元日本人反戦同盟の前田光繁さんが中国戦線での反戦活動を語り、元BC級戦犯の坂倉清さんが、「中国で私たちがやったこと」を証言します。

<共催>撫順の奇蹟を受け継ぐ会、不戦兵士・市民の会、
    関東日中平和友好会、日中友好元軍人の会



■9・18 第48回 不戦のつどい 「元日本兵達が語り続ける戦場の真実」

●不戦兵士・市民の会東海支部

 忘れるな 1931年9月18日! 柳条湖事件が勃発し満州事変はじまる

 憲法9条改悪を頂点とした戦争への道を、日本社会は急速に駆け上がっています。
中国や韓国での反日デモは、まさしくそうした日本への警鐘でしょう。私たちは、この警鐘を受け止め、かつての侵略戦争を美化する風潮に対して、真実を語り続けなければなりません。

 そこで、今年度のテーマは、「元日本兵達が語り続ける戦場の真実」としました。
私たちの会には、元日本兵の会員が大勢います。今年度の「不戦のつどい」では彼らの戦争体験を語ってもらいます。

 第1弾は、(7月7日の盧溝橋事件に合わせた)7月10日の「第48(47?)回不戦のつどい」で、近藤一さんに中国山西省から沖縄へと転戦した二つの戦場の体験を語ってもらいました。

 今回は、3人の方にその体験を語ってもらいます。なお、みなさん80歳をこえる高齢であり、体調悪化のために急遽欠席となることもありますので、ご了承ください。

日時:9月18日(日) 13:00受付 13:30開始
場所:名古屋市教育館第8研修室(地下鉄栄駅下車3番出口北へ徒歩すぐ)

証言者紹介(年齢順)

野村健二氏(1918年生まれ 岐阜県揖斐郡在住)
 内地勤務を経て、43年ラバウル防空隊に勤務し、敗戦を迎える。「捕虜の扱いは
文明の尺度」と捕虜問題をテーマに語り部の活動をする。 著書に「孫にする夜話
戦争体験を語る」(岐阜郷土出版社)がある。

花房達夫(1921年生まれ 名古屋市在住)
 南方派遣要員の学徒兵として現役入営。乗船予定船舶が撃沈され、内地勤務となる
が、45年4月国土防衛部隊として、宮崎県で守備につく。戦後中学校に教員として
勤務した経験から、戦前戦後の教育について語る。

池田睦介(1924年生まれ 豊明市在住)
 44年名古屋高射砲隊に入隊・同陣地勤務。戦争遺跡の調査・研究を続け、その成
果を発表している。著書に「愛知の戦争遺跡ガイド」戦争遺跡研究会編集がある。

不戦兵士・市民の会東海支部
 

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」新セミナー、WAM DE VIDEO

 投稿者:you  投稿日:2005年 9月17日(土)20時28分58秒
  アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」新セミナー、WAM DE VIDEO のご案内です。

WAM DE VIDEO (wamでビデオ)は、映像に記録された女性たちの証言のビデオを見ながら、制作者や関係者に話を聞き、語りあうセミナーです。

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」に収蔵されているビデオを中心に、これからもシリーズで企画していきます。


第1回 日本軍の性暴力被害者の映像記録と支援運動

第1回は、「慰安婦」制度をはじめ、日本軍に性暴力を受けた女性たちの聞き取りと、その映像を制作したり支援を続けてきた方々からお話を聞きます。聞き取りによって何が明らかになり、どんな変化があったのか。支援運動のあり方も考えます。

初めて見る方、久しぶりに見る方も、新しい発見があるはず。10月の毎週金曜の夜、ぜひご参加ください!

★台湾・阿媽(アマ)たちの名乗り出と支援運動
10月7日(金)  19:00-21:00
ビデオ:「阿媽 おばあさんの秘密」(台湾/1998/82分)
トーク:柴洋子(台湾の元「慰安婦」を支援する会)

★中国・山西省の性暴力被害の調査とその成果
10月14日(金) 19:00-20:30
ビデオ:「大娘(ダーニャン)たちの戦争は終わらない」(日本/2004/57分)
トーク:川見公子(山西省・明らかにする会)

★在日「慰安婦」宋神道さんとの14年
10月21日(金) 19:00-20:30
ビデオ:「ひとりでもやるってば」(日本/1993/20分)
トーク:川田文子(在日の慰安婦裁判を支える会、ノンフィクション作家)

★東ティモール・「慰安婦」制度の調査の今
10月28日(金) 19:00-20:30
ビデオ:「東ティモール・アボの証言」(予定)
トーク:古沢希代子(東京女子大学教員)

秋の夜長、映像に記録された
女性たちの記憶に思いをはせ、
これからの活動を語りませんか?

各回資料代300円(別途、入館料500円が必要です)


お問合せは:アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」
      info@wam-peace.org
      URL:www.wam-peace.org
 

9月20日NHK「クローズアップ現代」

 投稿者:you  投稿日:2005年 9月17日(土)20時24分17秒
  番組紹介です。

9月20日(火) 19時30分からNHK総合放映の「クローズアップ現代」は、教科書採択問題がテーマだそうです。

NHKが「つくる会」教科書採択問題をどんな取り上げ方をしているのか、注目しましょう。
 

9月20日人権大会プレシンポ

 投稿者:you  投稿日:2005年 9月14日(水)19時48分26秒
  人権大会プレシンポのご案内
憲法判断の回避、その論理、帰結と対応
~半世紀前砂川大法廷判決を書いた判事達は自衛隊のイラク派兵を予測したか~

 憲法訴訟における裁判所の憲法判断は、第9条に関しては、司法消極主義による判断回避が定着して久しい。しかしながら、湾岸戦争以降、現在の自衛隊のイラク派兵に至るまでの間には、憲法第9条の基礎事実にかかわる状況に重大な変化が生じており、また、憲法改正問題の焦点は、明らかに集団的自衛権の行使許容を意図している状況にあります。
 このような状況下において、いま一度、憲法判断の回避をもたらした理論とその帰結、並びに、憲法訴訟の現場対応を問いなおすことには、重要な意義があると考えます。
 そこで、今回、若手憲法学者飯島滋明氏に比較憲法的な基調報告を頂き、更に、「戦後政治にゆれた憲法九条」(中央経済社)の著者中村明氏、「国会審議から防衛論を読み解く」(三省堂)の著者前田哲男氏、憲法訴訟の現場に携わる弁護士中島通子氏をパネラーとしてパネルディスカッションを企画しました。

日 時  2005年9月20日(火)午後6時~8時
場 所  弁護士会館 2階 クレオ
シンポジウムの内容
     第1部  基調報告  飯島滋明(工学院大学講師)
     第2部  パネルディスカッション
           パネラー 中村 明(元共同通信編集委員兼論説委員)
                前田哲男(東京国際大学国際関係学部教授)
                飯島滋明(工学院大学講師)
                中島通子(弁護士)
           コーディネーター
                内田雅敏(弁護士)
予 約  不要
参加費  無料

◇問合せ 東京弁護士会人権課
     TEL 03-3581-2205

共催:日本弁護士連合会
   東京弁護士会
 

9月17日に「もがれた翼パート12」

 投稿者:you  投稿日:2005年 9月14日(水)19時39分10秒
  集いの紹介です。

もがれた翼パート12「ひとりぼっち」
私の人生は熱くも冷たくもなかった あの人たちに出会うまでは・・・。
http://www.toben.or.jp/abouttoben/comittees/kodomo/tsubasa/part12.html


日時: 9月17日(土) 午後5時00分開演(4時30分開場)
会場: 東京都児童会館 渋谷区渋谷1-18-24
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html

主催: 東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会
共催: 東京都児童会館

今年も「もがれた翼」の季節がやってきました。

「もがれた翼」は、子どもたちと弁護士さんで作るお芝居。
1994年の初公演依頼、今年で12回目の公演です。
毎年、少年犯罪や児童虐待、いじめ、少年法改正、
教育基本法改正など、その時々のホットな話題を取り上げています。

それだと重い内容? いえいえ決して。
わかりやすく、かつ笑いあり、涙ありの楽しいお芝居です。

詳しくは上のHPをご覧になってください。
チラシもダウンロードできますよ。

予約不要、当日先着500名。
お時間のある方、足を運ばれてはいかがでしょうか?

○上演予定内容○
舞台は数年後の東京。
子どもたちを取りまく環境は、ますます厳しくなる。
少年法「改正」、教育基本法「改正」。
管理されて、見捨てられ、もはや抗うこともやめた子どもたち。
それは遠い日の約束。
「忘れないで。あなたは、ひとりぼっちじゃない」
 

初めまして

 投稿者:匿名  投稿日:2005年 8月12日(金)11時35分59秒
  名乗る程の者でもないんで名前はこれで^^;初めまして^^
戦争放棄等が明記されている憲法9条はすばらしい。改憲はしない方がいい。
これが私のこれまでの考え方でした。でもふと思ったのですが・・・。自国の同盟国民が殺されようとしているのにただ黙ってるしかないとか敵の爆撃機が来ても爆弾落とす前に撃墜したら殺人罪とか・・・。やっぱりもうちょっとだけ踏みこむべきだと思うんです。自国の防衛軍だけ認めるとか・・・。それに韓国の姿勢も少し気になります。靖国問題で日本を批判しておきながら大型揚陸艦の配備を進めたり・・・。愚問になる事は承知しておりますが、この件について皆さんのご意見を伺いたいですm(_ _)m
 

8月6日の「ひろしま」から

 投稿者:にゃーす  投稿日:2005年 8月 6日(土)13時02分19秒
  広島県広島市に 原爆が投下されたその日から、60年目の原爆記念日がやってきました。私の住む家の前には、寺があり、台所の窓から墓所が臨めます。朝、いつもどうりに6時に起き、夫と子供の為にお弁当と朝食を作っていました。そうしながら、なにげなくお寺の方に目をやると、早朝から ひっきりなしに お墓参りの人達がやってきます。
 改めて、8月6日のあの瞬間にたくさんの人達が、命を落としたのだと痛感します。
平和記念公園では、本当にたくさんの人達が式典に参加していました。そして、8時15分広島じゅうの人達が、通勤の車のなかでも、職場でも、学校でも、私のように家事をしている人も手を止め、黙祷し 戦争の犠牲となった全ての魂の安らかなる事を祈り、平和を守ることの大切さをかみしめ、決意します。あれほど、鳴いていたせみ時雨さえ消えてしまいます。その、瞬間のひろしまの静けさは、皆さんにも伝わるでしょうか?平和の鐘の音だけが、鳴り響きます。
 実際、8月6日前後の「ひろしま」は、とても騒々しいです。戦争反対を叫ぶ、いろいろな団体や、海外からもたくさんの方々やってこられますし、今年はとってつけたように
首相をはじめとして三役そろい踏みとか....。原爆で、大事な家族や友人などをなくした方たちにとっては、8月6日は、「原爆記念日」というより、なくなられた忘れ得ぬ人達への「哀悼の日」です。反戦・反核の活動でヒロシマに来てくださる皆さん。どうか、そのことも、心に留めておいてくださいね。今日も「ヒロシマ」は暑いです。炎天下で、デモに参加される方もおられるのでしょうね。どうか、水分・塩分の補給を十分して、熱射病などにならないようになさってくださいね。
 

3歳児にも、解る平和の意味

 投稿者:にゃーす  投稿日:2005年 8月 4日(木)21時32分35秒
  8月2日に、初投稿したにゃーすデス。

前回は、中国新聞一面の記事を見たとたん、怒りの炎が一気に爆発して、なんだか、どこにどう言って行けばよいのか分からず、書かせて頂きました。

少し、冷静になって、皆さんのも読ませて頂き、(難しくて、無学の私には論点が解りにくいものが多かったのですが...)解ったことは、普通に学校に通ったり、子育てをしたり、会社に言って仕事をしたりしている人たちは、「やっぱり、どこの国とも争ったり、戦争で殺し合いをしたいとは、思っていない」ということです。

私には、4歳になろうとする息子がいます。そして、広島に住んでいます。母方の祖父母はもちろん、母も叔母達も、原爆にあっています。

私自身も、幼いころから平和教育をうけ、戦争について、教えられてきました。
それも、誰か知らない人の話を聞くのではなく、身近に暮らす人たちに教えてもらっていたのです。

だから、まだ、日本語もマスターできているとは、言い難い息子にも、できる限り、戦争とはなにかを伝えてやりたいと、苦心しています。

長くなりますが、その、息子と昨日3日の中国新聞1面を見ていた時、「これは、どこ?」と、息子が指指した写真は、60年前の被爆直後の広島市中央部の町並み(並みは、瓦礫の山になっているのですが)でした。

「これは、広島の写真よ」と教えると、息子は目をまるくして、「違うよ、こんなとこないよ!」といいます。

そこで、これが60年前のひろしまであること、戦争があったこと、空襲や原爆でたくさんの人たちがしんだこと、今も苦しんでいる人がいることを話して聞かせました。

「戦争」とか、「空襲」とか、「原爆」とか意味や言葉のイメージを伝えるのは、ほんとに難しかったのですが、やっと、内容を理解したとき息子が言った言葉を 皆さんにも伝えたかったのです。

彼は、こう言いました。
「けんかしたら、いけんのんよね、お母さん?先生もお母さんもみんな言いよるじゃん。おともだちを、たたいたらいけんのんでしょう!なのになんで、戦争するの?へんじゃねー?それに、オレは、(最近、自分の事をオレといいます)お母さんやおじいちゃんや、おばあちゃんや、お父さんも、ななちゃんも、ともくんも、おおきいばちゃんも.....みんな、だーれも、痛い痛いになったらやだぜ。ごはんが、食べられんようになるのも悲しいよう...!!]」最後は、「ほんとに、戦争になったら」と思って悲しくなったようです。

こんなに 小さい子でもスグに答えが判るのです。
この問題を解決しようと思ったら、まず「戦争は、人が人を殺すこと。傷つけること。」だと言う事を理解して、自分の心に「それで、いいのか?悲しくないのか?」と尋ねること、そして、「武器を手に取らないと決めること」どんな、「大儀名文があっても、戦争しない!」と決めることしかないように思いました。

その決意をもって話し合いをするしかないと....。為政者のみなさんが読まれたら、「なにをいい大人がきれいごと言ってるの」と一笑にふされそうです。

でも、だからこそ私は思います。
「宗教や、慣習や、考え方は共通しなくても、もし世界中の人達がそれらを瞬間的に忘れた、人を殺したいですか?、戦争はこういうものですが、したいですか?」と尋ねたらみんな、私の息子のように、「やだ!」と言うのではありませんか? 各国の人達にそれぞれ、歴史や背景や信じるものがあります。

過去の因縁がお互いにありますよね? 利害関係を考えると譲れない争いもあるでしょう。
それでも、それでもです。
「純粋な良心に従って、そこから、スタートして互いの国の付き合い方を模索して頂きたいのです」子供たちに顔向けできないようなことを大人はしてはいけませんよね?

そして、子供たちと同じように間違いに気がついたら、素直に「ごめんなさい」と謝るところからはじめた方がいい!!

大事な事ほど、単純にと言うか根本を考えた方がいいようにおもいますが、皆さん「どう、思いますか?」
 

ふざけんな!9条改憲

 投稿者:にゃーす  投稿日:2005年 8月 2日(火)09時54分13秒
  モーレツに、怒っています!「あんたら、そうまでして、戦争したいん?」(すみません、広島弁です。)国防とか、国際協力とかいってるけど、オブラートにつつむような言い回しでごまかそうとしても、ダメなんじゃけーね!!こんどは、韓国みたいに、訓練徴兵とか、たくらんどるにちがいない。うちは、絶対、自分の子供に命のやりとりをさせたくない!殺されるのもやじゃし、殺させるのもやじゃ!職業軍人の皆さん&政治家のみなさん、自分達の利益の為に、私達、戦後生まれが、日本が世界に誇れる財産としてきた、
私達のおじいちゃんや、おばあちゃんたちが、命にかえて産み出したかけがえのない憲法9条を造り変えたりせんとってや!相手(この場合、一般庶民)の立場になって、母や父の立場に立って、よーく考えてくれんと、いけんよ!!
 

自衛隊、国際貢献フェスタに派兵

 投稿者:宮西俊秀メール  投稿日:2005年 6月11日(土)18時52分6秒
  宮西俊秀です。

 今年も、昨年に続いて11日、12日に三重県などで構成する実行委員会と三重県の主催で<国際貢献フェスタinみえ2005>がはじまりました。
 わたしは、今年も「平和憲法を世界に拡げるネットワークin三重」、「NO!劣化ウラン兵器・三重の会」で参加しました。
 今年は、自衛隊が「国際貢献」の名の下に出展することを知り、主催者に対して「国家機関が出展すること」に釈明を求めたところ、「自衛隊は地震の救援で国際貢献」ということでした。わたしは9日に、防衛庁長官宛に 出展に至る経過の文書と決裁文書を情報公開請求しました。
 本日(11日)、自衛隊の展示は「地震の救援」だけでなく「イラク派遣」などで、パネルの前には制服の自衛官(3等陸佐)が起って説明役でした。
 市民団体が自費で作る展示物に混じって、自衛隊が公費で展示物を作って制服で立ちはだかる姿は異様です。
 11時から行われたオープニングセレモニーでは、知事以下すべての人が「クールビズ」でカラフルな姿(もちろんノーネクタイ)であったことから、自衛官の姿は一層異様でした。想像して見て下さい。
 「国際貢献」は着々と「派兵」アレルギーを消し、一般化へのマインドコントロールされています。
 なお、NHKの番組改竄問題に関して「NHKと政治家、官僚の接遇」をはじめ、NHKの多くの開示全資料を「三重からの風・住民主導」39剛へ掲載しました。今後、自衛隊の開示資料も掲載する予定です。ご活用下さい。

--------------------------------
地方自治ベースキャンプ
津市丸之内1番18号
宮西俊秀
TEL・FAX059-229-7997
携帯 090-1284-9115
E-mail;mie123@za.ztv.ne.jp
http://www.za.ztv.ne.jp/mie123/
------------------------------- 

http://wwwza.ztv.ne.jp/mie123/

 

『憲法万華鏡』

 投稿者:本田孝義メール  投稿日:2005年 3月15日(火)18時00分10秒
  突然の書き込み失礼します。告知させてください。

※『憲法万華鏡』 憲法をテーマにした3分ビデオ作品、大募集!※

最近、ちまたでは“ケンポー、ケンポー”という言葉が飛び交っています。憲法を身近に感じて暮らしてきた人もいれば、あまり考えたことがない人もいるでしょう。
VIDEO ACT!では『憲法万華鏡』と題しまして、憲法に関わるビデオ作品を募集します。いきなり「憲法のビデオ」と言うと何だか難しそうですが、切り口・描き方は自由です。憲法についての「正解」を求めるものではありませんし、ビデオの上手・下手を競うものでもありません。ビデオを通していろんな憲法像を見てみたい、と思っています。
ビデオは1人(あるいは1グループ)3分間。集まった作品は全て無審査で上映します。ふるってご応募下さい。上映会は6月10日(金)午後7時から東京・中野ゼロ視聴覚ホールにて行います。締め切りは5月20日(金)必着です。
詳しい、募集要項はhttp://www.videoact.jp/3min/2005.html をご覧下さい。

<VIDEO ACT!は自主制作ビデオの普及・流通をサポートするグループです。今までに『ニッポン・戦争・私』と題しまして3分間のビデオを公募し上映する企画を1999・2002・2003年と行ってきました。>

●応募・問い合わせ先
VIDEO ACT!
141-0021 東京都品川区上大崎4-5-29
TEL: 03-5496-7088 FAX: 03-5496-7078
URL:http://videoact.jp/ info@videoact.jp

http://videoact.jp/

 

中国より

 投稿者:佐藤洋平メール  投稿日:2005年 2月16日(水)18時32分52秒
  初めまして、中国在住の佐藤洋平と申します。2月14日、中国より日本語、英語、フランス語にて反戦メッセージを発信するウェブサイト「コモポリ」を無事始動させることが出来ました。インターネットをフル活用した反戦活動の新しい可能性を模索しつつ、「もっと気軽で身近な普段着の反戦活動」を目指して頑張っていこうと思っております。

皆様にコモポリへのご招待状(下記リンク参照)をお送り致します。是非、ご訪問下さい。

http://www.comopoli.com/etc/invitation/jp.html

 

/6