teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


うーん

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2014年 2月 9日(日)22時07分0秒
  TBASシステムが数十あるのだが、何となく「とにかく考え得る物全て」作ったようだ。
英軍で使っている、プレートキャリアの下に装着する、サスペンダー付きパッドベルト(ポーチ装着用)もあった。
プレキャリにポーチ付けると伏せられないので、このベルトにポーチを付ける……って結局昔の装備方法じゃん
 
 

なんとか

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2013年 9月24日(火)21時53分21秒
  やっとカフタイトルの写真集が。
それはさておき、CRYE社の↑付き上下を入手できそうだ。
 

がっくり

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2013年 9月12日(木)22時15分33秒
  AMPって、色味も違うし、柄も違う。  

(無題)

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2013年 6月19日(水)23時22分4秒
  australian multicam barrack
で、画像検索して驚愕。
CRYE社がAUSで矢印つけてmade in USAで納入していた。
これをAMPと呼んではいけない気がする。
下の書き込みのはAMP
あと、てっきりまんま輸入していたと思っていた物が、オリジナルだった。
もうサイズ無いぞ!と言う訳で購入。でも、予備を買おうと思っていたヘッドオーバーは売り切れていた。
 

ひどい……

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2013年 5月 1日(水)23時14分27秒
  血を吐きながら続けるマラソンだ。
マルチカムばっかりだと思っていたのに。
Australian Multi-Camouflage Pattern (AMP)とか勝手に名前つけてると思っていたのに。
本気で自国製で自国のパターンで自国の財産を主張していたとは!
 

気がついた

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2013年 3月17日(日)22時04分56秒
  2001年のリバーシブルジャンパーは何とか入手し、これでもう安泰だと思っていたのに……
3Cのゴア、オーストラリア製があったなんて……
2001年の装備と2013年の装備に課題を残してしまった……
 

くそ!

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2012年12月25日(火)22時30分32秒
  新たに派遣された連中、UBACSシャツが新型になった上に、ベロクロパッチの運用が変更されてる。
右腕は階級と苗字、認識番号又は識別番号が入ってる。
左腕はまだ見ていない。
 

ああ、マルチカム

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2012年10月26日(金)21時38分55秒
編集済
  えへ、みりぶろからコピー
Jason Clare 豪国防相は、アフガニスタン派遣部隊に支給する MultiCam 迷彩の戦闘服について、製造を進めていることを明らかにした。近いうちに派遣を予定している Adelaide 駐屯の第 7 ロイヤル オーストラリア聯隊・第 7 大隊 (7RAR) と、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の RAAF Airfield Defence Guard に対して最初に支給する。
現時点では 78 万豪ドルで 3,600 着を発注しており、迷彩柄の生地は Wangaratta の Bruck Textiles が、迷彩服の仕立ては West Footscray の Pacific Brands WorkWear Group が、それぞれ担当している。年末には、さらに 5,500 着を追加発注する予定。

Minister for Defence Materiel ? Australian made “MultiCam” uniforms on their way to Afghanistan
22 October 2012

Minister for Defence Materiel Jason Clare today announced that local production of the ‘MultiCam” combat uniform worn by our troops in Afghanistan is now underway and the first troops to wear this new uniform will deploy in the next few weeks.

The new uniforms have been issued to soldiers from 7RAR in Adelaide and RAAF Airfield Defence Guards who will deploy to Afghanistan in the near future.

In November 2010 the Chief of Army ordered that Australian troops operating ‘outside the wire’ in Afghanistan were to wear the MultiCam combat uniform.

Versions of the MultiCam combat uniform are worn by US, British and Australian troops in Afghanistan. It provides a greater level of concealment across the range of terrains in Afghanistan ? urban, desert and green.

The uniforms have:

             Integrated elbow and knee pads to reduce soft tissue injuries;
             Shirts which are cooler and designed to be worn under body armour;
             Trousers with a padded waist band to make them more comfortable under webbing or a field pack; and
             Trousers with more pockets and a stretch fabric at the joints for ease of movement.

To get the uniforms to Australian troops quickly, they were originally purchased from the US manufacturer Crye Precision.

Last year Defence purchased a license from Crye Precision to manufacture this uniform in Australia. Crye Precision was also engaged to develop our own unique version of the MultiCam camouflage pattern.

Three options for an ‘Australianised’ MultiCam pattern were developed, each with equivalent performance to the US MultiCam. Based on initial feedback from soldiers, the preferred design underwent testing in a range of environments and terrains prior to final selection.

The new uniform is produced by Pacific Brands WorkWear Group in West Footscray. The camouflage fabric is produced by Bruck Textiles in Wangaratta.

Approximately 3,600 sets of the new Australian MultiCam uniforms have been ordered. The value of this work is approximately $780,000. A further 5,500 uniforms will be ordered later this year to equip soldiers deploying next year.

“This is the best uniform for the work we do in Afghanistan. It provides better concealment and makes it easier for our soldiers to do their job.” Mr Clare said.

“The feedback I have received from troops has been very positive. They have told me this is the uniform they want, and Australian industry has delivered.”

Several changes have been made to the original US design, based on feedback from Australian troops in Afghanistan.

This includes stronger fabric and modifications to a number of pockets and other parts of the uniform to improve functionality and durability.
 

いかん

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2012年 8月 7日(火)22時49分53秒
  もう半年ほったらかしだ。そろそろ今年半期のまとめをしよう  

部隊増やすな

 投稿者:直線番長@にゃんこ先生  投稿日:2012年 2月27日(月)22時24分2秒
  2012/02/27
A sapper from the Special Operations Engineer Regiment probes and brushes the ground to uncover a simulated Improvised Explosive Device (IED) during a capability demonstration at Holsworthy Barracks.
Mid Caption: The Chief of Army, Lieutenant General David Morrison announced the raising of the newest unit in the Australian Army, the Special Operations Engineer Regiment (SOER).
The announcement coincided with a ceremony held at Holsworthy Barracks in Sydney. The Incident Response Regiment (IRR) was taken off the Army’s Order of Battle and replaced by the newly named SOER.
The new unit reflects the distinct roles and capabilities of the SOER, which differ from those of conventional Engineer units, whilst still retaining ties to the Corps of Royal Australian Engineers.
The SOER provided two separate practical capability demonstrations at Holsworthy, a Chemical, Biological, Radiological, Nuclear or Explosive (CBRNE) neutralisation task and an Improvised Explosive Device (IED) clearance.
The Special Operations Commander Australia, Major General Gus Gilmore also took the opportunity to meet the soldiers of the SOER to personally thank them for their work in supporting operations both domestically and overseas, and paid tribute to their fallen comrades.
(写真のキャプション)特別作戦工兵連隊の工兵が、ホルズワースィー基地においてプローブとブラシを用いた即席爆発装置(IED)処理のデモンストレーションを行っているところ。
ミッドキャプション:陸軍総司令官デビッド?モリソン中将は、オーストラリア軍、特殊作戦工兵連隊(SOER)の最新単位の引き上げを発表しました。
発表は、シドニーのHolsworthy兵舎で行われた授賞式と一致した。インシデントレスポンス連隊(IRR)は、戦いの陸軍の順序から取得され、新しい名前のSOERに置き換えられました。
新しいユニットはまだ高貴なオーストラリアの工兵隊とのつながりを維持しながら、従来のエンジニアの単位のものとは異なるSOERの異なる役割や能力を反映しています。
SOERはHolsworthy2つの別々の実用的な機能のデモンストレーション、化学、生物、放射線、核または爆発(CBRNE)中和タスクと即興の爆発装置(IED)のクリアランスを提供しました。
特殊作戦司令官、オーストラリア、少将ガスギルモアはまた、個人的に国内外の操作を支援する上で自分の仕事のためにそれらに感謝しSOERの兵士たちにお会いする機会を取って、その倒れた仲間に敬意を払った。
 

レンタル掲示板
/15